スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

ワークショップに行って来ました その1

16crotchet.jpg
先月のドールカフェでの、あの穏やかな楽しさに味をしめた私。

今月も同じ場所Cafe SAYAさんにて、土曜日には立体視写真のワークショップ、
日曜日には通常のドールカフェという二日開催ということで、
私はワークショップの方へ一人で参加させていただいて来ました。

ワークショップと言いながら、私がしたのはドールのポージングのみで、
撮影から現像まで全て講師である我楽多倶楽部さんがやってくださり、
他の方の撮影中や、現像までのその間はカフェで美味しい食事をしながら
好きなだけドールを撮影してもいいというまさに楽園のような時間なのです。
お言葉に甘え、お昼の12時から夕方の5時近くまでたっぷり長居させていただきました。
一人参加ということで時間を持て余すこともあるかもしれないなーなど考えていたのもつかの間、
今思うと周りの方が気を使って構ってくださったからなのかもしれないのですが、
みっちり楽しくアハハウフフと過ごさせていただきました。
構っていただいた方々、本当に本当にありがとうございました。

かなりの枚数を欲望のままに撮った写真達の中、使える物はやはり一握りなのですが、
何回かに分けて出来る限り載せていこうかなと。

続きはそのワークショップの内容です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

>>6月7日、16日の方
拍手ありがとうございます!励みになります。

>>太◎。様
ご連絡いただきありがとうございましたー♪
早速こちらからもブログの方へコメントさせていただきました。
よろしければまた遊んでやってくださーい!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回連れて行ったのはビキ(TFルイス)イト(PFミニメイ)スイ(PFおやすみミニメイ)の3人です。

物販ではくじ引きでなんと1番を引けたため、また無事にステキなTシャツもゲット。わーい♪
それはまた後ほどご紹介するとして。

今回のメインである立体視写真を撮る順番もお店の到着順ということで私が1番目でした。
私の後にたくさん人がいると思うのと、心の準備もドールの準備も出来ていないというのでいろいろテンパってしまい、その時の様子をデジカメで収めるのをすっぽり忘れてしまったので確かこんなんだったなぁとおぼろげな記憶なのですが簡単に手順を説明すると・・

1、まずはオーナーである私がセットに置いたドールを好きなポーズで固定します。
2、三脚に固定されたカメラでまずは一枚撮影。
3、ドールのポーズはそのままに、カメラの位置だけをあらかじめ三脚についている専用のレールで平行にずらしてもう一枚撮影。
4、出来上がったその二枚の写真を専用のビューアで見ると、
二枚が一枚に重なり、前後が立体的に見えるのでした。

おそらくもっといろいろと繊細な手順があると思うのですが・・・大きく間違っていたら指摘してください。

そうして出来上がった写真がこちらです。
188.jpg
右上の透明なのがビューアです。これを通して写真を見ることによって奥行きのある立体写真になるのです。

何度も言うようですが、結局私がしたのはドールのセッティングと最終確認でレンズを覗いたくらいなので、すごいのは先生であって、何もしていない私が偉そうに申し訳ないんですが・・!

とてもいい記念になるワークショップでした。
やらしい話で申し訳ないんですが、これらすべてがセットになってプラスドリンク付きでドールカフェも楽しめてしまって参加料があの価格っていうのは利益度外視で本当にお値打ちと思いました。
参加人数も最初から限られているので混みあうこともなくまったりと楽しめましたし。
前回参加したときも思ったのですが、スタッフの皆さんが本当にドールが好きだからこそ出来ることだと思うのです。
参加者側としてできることは最低限のマナーと節度を持って皆が楽しめるように参加できたらなと思うです。
なんかすごい当たり前のことをいまさら言ってますけども・・・!

誰に気兼ねなくドールを出して写真を撮ったりできる人形者にとって嬉しいこういう場(しかも相当なハイセンス)を作ってくださったことに、関係者の皆様に心からお礼を言いたいです。
本当にありがとうございます!!
写真のUPはまだまだ続くよ!
15:47 : ドール系おでかけ:  トラックバック(-)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。